かなえ法律事務所は、茨城県古河市・埼玉県久喜市所在の法律事務所(弁護士事務所)です。一人で悩まずにお話をお聞かせください。

legal expenses cover

弁護士費用特約について

弁護士費用特約にご加入ではありませんか?
〜交通事故被害者の方へ〜

過失がなければ、保険会社は示談代行できません

 歩行中や自転車に乗っていたら交通事故に遭ってしまった。または、自動車を運転していて交差点で赤信号で停まっていたら、後ろから他の車に追突された(過失がない)。
 怪我の治療だけでも大変なのに、加害者やその保険会社の担当者から、頻繁に示談を求められて煩わしいし、そもそも、提示された示談金額が適正なものかどうかも分からない・・・。自分の加入している保険会社の担当者が、代わりに相手方と交渉してくれたらいいのに・・・。
 しかしながら、あなたに過失がない場合、仮に自動車保険(基本契約のみ)に加入していたとしても、保険会社はあなたの代わりに示談交渉をしてくれません。

弁護士費用特約を付けていませんか?

 保険会社が示談代行してくれない以上、相手方との交渉や裁判などは、弁護士に依頼するのが最適です。ただ、弁護士に委任するには、弁護士費用がかかります。
 そのような時に、あなたの加入している自動車保険に弁護士費用特約を付けていた場合、弁護士に支払う相談費用や委任の際の弁護士費用の全部(上限有)を、あなたに代わって保険から支払ってもらえるのです。

弁護士費用特約とは

 弁護士費用特約とは、保険会社によってその名称や内容は若干違うようですが、概ね次のような内容になっています。(※詳しくはご自身加入の自動車任意保険約款をご覧ください)

  • 自動車にかかわる人身被害事故や物損被害事故に遭い、事故解決のために、弁護士に法律相談する場合や、加害者との交渉や裁判を弁護士に委任する場合などに生じる報酬等の費用を、300万円を限度に実費で支払う。
  • 弁護士への法律相談費用については、別枠で年間10万円を限度として支払う。

弁護士費用特約をつけるための保険料は、年間1600円程度のところが多いようです。
なお、弁護士費用特約のみを利用した場合には、保険の等級が下がることはありません。

ご家族契約の自動車保険でも特約が使えることがあります

 自分の自動車保険は、弁護士費用特約を付けていなかったから、弁護士費用は自分で捻出するしかないか・・・。
 そんな時でも、同居のご家族が別の自動車に乗っているなど、ご家族が契約してる自動車保険がある場合は、それもチェックしてみて下さい。意外に見落としがちなのですが、ご家族が契約している自動車保険であっても、そちらに弁護士費用特約がついている場合、その特約を利用できることがあるのです(※利用条件はご加入の自動車任意保険約款でご確認ください)
 例えば、ご自身が歩行中や過失なしの交通事故にあった場合、ご自分で保険に加入していなくても、同居の親が弁護士費用特約を付加した自動車保険に加入していれば、それを利用できます。
 しかも、その特約を利用しても、ご家族の保険の等級が下がってしまうこともありません。

相談ご予約の際には

 以上のように、弁護士費用特約を利用できれば、実質的にご自身で弁護士費用や裁判費用を負担せずに、交渉や訴訟を弁護士に委任することができ、大変お得ともいえます。
 ですので、当事務所に交通事故のご相談をされる際には、一度、ご自分やご家族の加入している自動車保険の内容をチェックしていただき、弁護士費用特約が利用できるかどうかご確認下さい。
 なお、特約を利用する場合であっても、保険会社指定の弁護士以外はダメということはありませんので、ご安心下さい。特約利用が可能とのことであれば、当事務所でご相談の際に、その旨お伝えいただければ大丈夫です。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional